テーブルとは

Luaには、まとめてデータを扱う仕組みにテーブルと呼ばれるものを使います。
テーブルの実体は連想配列であり、添え字、つまりデータの場所を表すキーは文字列になります。

Luaには数字を添え字として扱う配列はなく、構造体などもありません。
あらゆるデータ構造をテーブルで表現します。

テーブルの作成

テーブルを作成するには以下のようにします。

table = {}

このようにすることでtable変数にテーブルが作成されます。

キーを文字列にする

テーブルはキーを文字列として指定することが出来ます。
テーブルに代入する値の型はそれぞれ違っていても構いません。

table["str"] = "Lua"
table["no"] = 1
table["bool"] = true

キーを数字にする

テーブルのキーには数字を使用することもでき、配列のように扱うことが出来ます。

table[1] = "Lua"
table[2] = 1
table[3] = true

このようにキーを指定して、値を代入します。
なお、Luaのテーブルを数字で指定する場合は 1 から指定するようにしましょう。
キーが 0 やマイナスの値を指定して、値を代入することは可能ですが、
Luaではテーブルのキーを 1 を前提にしているため注意が必要です。



inserted by FC2 system